「たからばこ」のあゆみ

2019年

「みらいのたからばこ」講演会ー 福島出身ボーク重子氏『強い心と生きる力、非認知能力を伸ばす子育て法 』開催

イベント開催への想い

東日本大震災・原発事故からまもなく10年。

これからも子どもたちが、主体的に希望をもって今ある目の前の現状に目を向けてやりがいや夢を見つけ叶える力をつけさせてあげられる事が大事だと考えます。

それが出来るようになれば本当の自立・自律につながります。

子どもたちはそれができる。

そして、その子供たちを導くのは親や地域の大人です。

ふくしまにとって次のステップは、子どもはもちろん、まずは大人が選択肢を受け入れ可能性を広げられる思考を持つことが重要。

それが、まさにボーク重子さんの「非認知能力」。それを学びこれからの復興やその先を考えて行きましょう。

概要
■日時:2019年11月9日(土)13:00~15:00
■会場:エルティ ウェディング アンド パーティ エンポリアム(福島市)
■出展者数:10社
■特別協賛:アポログループ 株式会社アポロガス
■参加人数:400名
■ボランティア:20人(福島県内の大学・短大・ママ等)
■共催:福島民友社

■URL:https://mirainotakarabako.jp
協力/㈱オーダーメイドジャパン様
■主催:みらいのたからばこ2019実行委員会
※「ふくしまのたからばこ」から団体名を「みらいのたからばこ」へ変更。

協賛・協力企業様についてはこちら

2018年

「ふくしまのたからばこ」キッズお仕事体験2018

イベント開催への想い

2015年に沢山の子どもたちの絵からデザインを組み立てできた「ふくしまのたからばこ」。たくさんの”ふるさと”への想いが詰まっています。

でも、その宝箱は空っぽ。

「私たちは、母として、この宝箱になにを入れてあげられるだろう?」「ふるさとでこの宝箱の中を夢や希望をいっぱいにできたら。」

そこから、これから未来を生きていく子どもたちが「夢」や「希望」を叶え、「生きていける」ための手段には欠かせない「お仕事」の選択肢や可能性を見つけてもらおうとイベントの企画につながっています。

3回目となる今回は、全国発明協会・福島県と一緒につくって行きます。

概要
■日時:2018年10月13日(土)10:00~17:00・14日(日)10:00~16:00
■会場:ビッグパレットふくしま(郡山市)多目的展示ホールA・B
■出展社数:出展56社・協賛17社
(学校法人国際総合学園FSGカレッジリーグ・㈱ヨークベニマル・㈱エイブル・㈱パルシステム・㈱日本航空、㈱星総合病院・㈱ゼビオスポーツ ほか)
■後援: 福島県教育委員会、福島県商工会議所連合会、福島県医師会、福島私立幼稚園・認定こども園連合会、郡山市、県内報道機関、ほか
■特別サポーター:㈱ママそら
■参加人数:約14,000人
■ボランティア:100名
■共催:福島県、福島民友新聞社
■URL:https://mirainotakarabako.com/results/ft2018/
■主催:ふくしまのたからばこキッズお仕事体験実行委員会、 一般社団法人福島県発明協会

☆協賛・協力企業様についてはこちら

2017年

「ふくしまのたからばこ」キッズお仕事体験2017

イベント開催への想い
2016年、手探りながらも沢山の方のおかげで開催できたお仕事体験。
親が「環境を整える」ことも大切ですが、それ以上に「どんな環境でも、子供たち自身がその時の環境でやりがいや希望を見出す力」をつける事の方が何倍も生きる力になる。そんな風に思い、そのためにも子供たちの未来へつながる「お仕事」を知る機会をすこしでも増やしたいと思い開催させて頂きます。

概要

■日時:2017・7・2 (日) 10:00~16:00
■会場:ウィル福島(福島市)
■出展者数:企業45社
■特別協賛:東邦銀行
■協賛:福島信用金庫/JAふくしま未来/白いアトリエ/FMポコ/ファミリーマート福島営業所/Fukurum推進協議会/いいたて雪っ娘かぼちゃ 他
■協力:福島大学/福島県立医科大学/福島学院大学・福島学院大学短期大学部/桜の聖母短期大学/郡山健康科学専門学校こども未来学科/NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)復興支援事業「つぼみプロジェクト」より学生ボランティアのみなさん
■後援:福島県教育委員会/福島県商工会議所連合会/福島市/伊達市/郡山市/福島中央テレビ/福島放送/福島テレビ/テレビユー福島/福島信用金庫/ふくしまFM/ラジオ福島/シティ情報福島/福島リビング新聞社/ママそら
■参加人数:500組(保護者含め約1500名)
※県内外から3000人を超える入場申し込みが殺到
■ボランティア:40人
■共催:福島民友新聞社
■主催:ふくしまのたからばこ2017実行委員会

☆協賛・協力企業様についてはこちら

2016年

「ふくしまのたからばこ」キッズお仕事体験2016

イベント開催への想い
2015年には、福島県在住のたくさんの子供たちに絵を描いてもらい、ふるさと福島をテーマにした“ふくしまのたからばこ”を作り商品化しました。

とてもすてきなふくしまの想いの詰まったたからばこ、箱の中はまだからっぽ。

母親でもある私たち大人ができること、それはこの箱を、たからものでいっぱいにすること。

そして、わたしたちが考える福島のいちばんのたからは、こどもたち。

こどもたちが育っていく福島は、まだまだ復興の途中にあり、さまざまな困難や課題が山積みです。

でもそれは、きっと世界に類をみないチャンスがたくさんあることでもあると考えます。

そんな福島のこどもたちに、未来につながるお仕事体験の場を提供できたらと思い「おしごと体験」を開催することになりました。

概要

■日時:2016年3月21日
■会場:ベルクイーンズ須賀川(須賀川市)
■出展者数:27社
■参加人数:200組
■ボランティア:10人
■URL:https://select-type.com/s/fukushimatreasurebox
■主催:ふくしまのたからばこ2016実行委員会
(キッズベンチャープロジェクト 福島チーム、リリーアンドアリー合同会社、福島県地域団体Mama*ring*link、福島県おひるねアート「なないろ」)

☆協賛・協力企業様についてはこちら

「たからばこ」PROJECTのはじまり

2015年

「ふくしまのたからばこ」プロジェクト、スタート

※こちらの企画は、Lily & Ally リリーアンドアリー根岸里美さん主催による企画です。その企画に、現実行委員長である景井愛実が参加したことから「みらいのたからばこ」がスタートしました。「みらいのたからばこ」を説明するうえで外せないスタートの企画なのでご紹介させて頂きます。

 

イベント開催への想い
震災から5年目の節目のテーマは「ふるさと・福島」

福島に生きる子どもたちと一緒にオルゴール付き宝石箱を製作したい!

 

2013年3月にキッズジュエリーボックスブランド “Lily & Ally リリーアンドアリー”を立ち上げ、子どもの大事なものや想い出をしまっておけるオルゴール付きの宝石箱を作っている福島県浪江町出身、東京在住の根岸里美さんが発起人。ご実家が原発から約4kmのところにあります。彼女は東日本大震災で家族が原発避難民となった体験をきっかけに、ふるさとについて改めて想いを馳せるようになりました。今では帰ることのできないふるさと・浪江町での想い出の数々がとても愛おしく、子ども時代の想い出の大切さに気付きました。

 

そこで、震災から5年という節目を迎えるにあたり、福島のこどもたちと一緒に「ふるさと・福島」をテーマにした宝石箱を作ることにしました。

 

震災の被害、津波や原発事故を経験し、たくさんの方々がふるさとを離れざるをえなかった福島だからこそ伝えられるふるさとへの想い。そして今福島に生きるこどもたちに残してあげたい・返してあげたい福島の風景。

 

誰もがそれぞれの心の中にある美しいふるさとの風景やかけがえのない想い出を、こどもたちの絵にとじこめて宝石箱を作り、たくさんの方々に福島のことを知って頂けたらと思います。

 

県内の中通り、浜通り、会津地方を回り、子どもたちに“ふるさと・福島の大好きな場所で遊んでいる絵”をテーマに絵画コンクールを実施しました。

 

受賞したデザインに6名の子供たちの絵の採用を決定しました。絵がそのまま貼り付けられるわけではなく、“子供たちの絵” x ”リリアリ” コラボデザインとなりデザインを元に、「ふくしまのたからばこ」を製作致します。

 

福島の現地でママ活動等をする景井愛実のサポートとともに「ふくしまのたからばこ」製作のためのワークショップをスタートしました。

概要

■日時:
■会場:中通り・エスパル福島店(福島市)/浜通り・いわきラトブ(いわき市)/会津・道の駅会津坂下(会津)
■参加者数:122名(県内の子どもたち)

■サポーターのみなさま
kiitos様、ゆうき様、直子1120様、Mai Namiki様、Yuichi Inokawa様、渡辺英一郎様、多田 帥様、佐々木太郎様、Tommy様、マー君様、永川賢治様、chikaboon様、近藤真己様、ちぃ様、大田麻子様、浅野恵造様、小葱様、mina様、梅津智彦様、スズキミ様、abuabu様、伴田典子様、Miki様、GO様、Yuko Takada様、麻植実様、Kensan50様、ほおずき様、Nakano Hajime様、umepon8様、Harada様、クミクミ様、KON様、井上和也様、BR_TOKYO様、久田雅之様、Tomio Yamazaki様、高久陽二様、西村裕二様、江田健二様、谷口和司様、株式会社KAJIN 林志英様、福住俊男様

URL:https://readyfor.jp/projects/lilyandally/announcements

■主催:リリーアンドアリー合同会社(根岸里美)、福島県地域団体Mama*ring*link(景井愛実)